交通事故後のむち打ちや怪我の治療・リハビリに自信があります!骨盤の歪みを解消する仙骨バランス療法で根本治療!

交通事故被害に遭って、むちうち症になり、首を傷めてしまうと?

みなさんこんにちは!

 

交通事故被害に遭って、むちうち症になり、首を傷めると

 

ほとんどの場合は、

 

レントゲン検査には映らない「頚椎捻挫」となります。

 

「たかが捻挫」と軽く見るとそれが後遺症を残したり、

 

「思ったより、なかなか回復しないなぁ」ということになります。

 

その「むちうち症」による「頚椎捻挫」の中でも

 

治療に「難渋」したり「後遺症を残しやすい」捻挫型に

 

「頚椎捻挫バレーリュー型」というものがあります。

 

交通事故被害者で通常の自賠責保険を使った

 

交通事故のケガやむちうち症治療では、

 

いのうえ整骨院交通事故の治療は

 

交通事故のケガやむちうち症の患者さんの

 

窓口負担は¥0で治療が行えることになっています。

 

窓口負担¥0には交通事故においてすべてではなく、

 

加害者や自損事故などは通常は含まれません。

 

自賠責保険では交通事故の被害者でないと

 

通常の場合は自賠責を使った治療は行えません。

 

また交通事故被害に遭った時には、

 

ほとんどの場合

 

交通事故加害者側の加入している損保会社が代行してくれ、

 

治療費や慰謝料などの被害者に支払われる保証等を支払ってくれる

 

一括請求という方法で、整骨院などの治療にかかった費用などを

 

損保会社が代行して支払ってくれる仕組みになっています。

 

もし、山梨県甲府市にある

 

いのうえ整骨院でむちうち症や交通事故のケガの

 

専門治療を受けたい場合は、

 

現場検証、診断書等の書類がそろっていれば、

 

交通事故被害を受けた加害者の加入している損保会社担当者に、

 

「今回の自賠責保険を使った交通事故治療に

 

山梨県甲府市にあるいのうえ整骨院で治療を行いたい。」

 

と申し出し、損保担当者に了承してもらえば

 

交通事故治療・むちうち症治療のかかった

 

治療費はすべて、

 

いのうえ整骨院から損保保険会社に請求します。

 

患者さまはわずらわしいことなく、

 

治療に専念できる体制となっています。

 

また、自賠責保険では病院や整形外科に通院している人に対しても

 

整骨院に併用治療が可能な仕組みとなっているので

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院までお気軽にご相談お待ちしています。

 

いのうえ整骨院では交通事故治療・むちうち症治療にも

 

自費治療の全身的に回復しやすい状態を

 

作りながら、痛みやしびれ・不調の局所の治療も行うという

 

いのうえ整骨院オリジナル治療体系『仙骨バランス療法』とは

 

1自律神経・2神経伝達・3筋・4内臓経絡・

 

5エネルギー・6筋力7身体(骨盤・骨格・関節)の

 

バランス調整を行い、

 

全身的に回復しやすい状態にしながら治療を行っていきます。

 

  1. 身体バランス(骨盤・骨格・関節)調整は

 

骨盤矯正や骨格矯正・関節調整等を行っていくものになりますが

 

交通事故の衝撃は計り知れない場合が多く、

 

交通事故の1度の外力によって、「椎間板ヘルニア」が

 

MRI検査で見つかった。ということもよく聞く話です。

 

このようなケースを考えると、交通事故被害によって、

 

骨盤がずれたり、

 

骨格がゆがんだりすることも考えられます。

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院では

 

自賠責保険を使った交通事故治療・むちうち症治療も

 

必要がある場合は骨盤矯正や骨格矯正・関節調整等を

 

手技によって微調整していきます。

 

いのうえ整骨院では、交通事故のケガやむちうち症などに対して

 

交通事故治療・むちうち症治療の治療を行う上で気を付けることは、

 

やはり、後々になって後遺症害を残さない治療・・・・

 

この後遺症害については、交通事故被害の損傷の程度によっては

 

どうしても避けられないということもあります。

 

しかし、実際は理想として交通事故による後遺症は

 

本来残してしまってはいけない。

 

適切な治療によって取り去れるものは

 

自賠責保険で行える治療期間中に取り切りたいものです。

 

自賠責保険が使える間のむちうち症の治療が終了してから

 

ずいぶん経ってからの再度の痛みやしびれ・不調などが生じてしまうと

 

「あの時の交通事故のむちうち症が原因?」

 

「これが後遺症?」

 

今まで忘れかけていた交通事故に遭った記憶・・・

 

痛みや不調が続くと交通事故の記憶がよみがえります。

 

その痛みやしびれ・不調が、定期的・断続的に起こったら、

 

また、後悔の念が起きてしまうかもしれません

 

それが慢性痛のようになって、日常の苦しみとなったら、

 

自分の中では

 

「あの時の交通事故被害の後遺症」として悩まなければなりません。

 

交通事故による後遺症が残りやすい状態としてはとして、

 

代表的なものバレーリュー症候群を引き起こす頚椎捻挫バレーリュー型、

 

交通事故の衝撃により、体を打ち付けたとか

 

むちうち症による脳脊髄液の流れる脳硬膜のゆがみ、

 

このような、交通事故のケガやむちうち症にも

 

しっかりと治療を行っていかないといけません。

 

いのうえ整骨院では頚椎捻挫バレーリュー型という

 

捻挫型が生じていると後々、

 

頭痛やめまい・吐き気・倦怠感・不眠等が

 

生じてしまい、頸部や周辺の疼痛に頭痛や

 

めまい・吐き気・倦怠感・不眠等の

 

不定愁訴がプラスされてよりつらい症状となるので

 

写真のようなスーパーライザーを使った星状神経節照射という治療法は

 

副作用もなく安全な方法なので、

 

いのうえ整骨院の自律神経測定器“ナノパルス”によって

 

自律神経のバランスが崩れている人にはバレーリュー症候群の予防のためにも

 

スーパーライザーを使った星状神経節照射を行います。

 

交通事故の患者さんに限らず、

 

自律神経の不調は、

 

いのうえ整骨院『仙骨バランス療法』に来院される人にも

 

良くみられる症状となります。

 

「仙骨バランス療法」身体バランス(骨盤・骨格・関節)調整は

 

骨盤矯正や骨格矯正・関節調整等を行っていくものになりますが

 

交通事故の強い衝撃ではその一瞬の衝撃で

 

「ストレートネック」になってしまった。

 

と訴える方もいると聞きますが、

 

本当に交通事故の衝撃で「ストレートネック」が

 

発症したかは?わかりませんが

 

もともと「ストレートネックやねこ背」があったとしても

 

頸椎は緩やかに前弯していることで、首の重さを和らげているので

 

通常の衝撃では頚椎の「通常の前弯カーブ」の人より

 

「ストレートネックやねこ背」の方のほうが

 

衝撃の受け止め方は強度になることが考えられます。

 

頚椎捻挫バレーリュー型から発生する

 

バレーリュー症候群とは交通事故の衝撃により、

 

生じるむちうち症に現れる症状ともいえます。

 

みなさんにはむちうち症として知られている頸部の捻挫は

 

交通事故の衝撃により負傷したことにより発症し、

 

外傷性頸部症候群といわれます。

 

外傷性頸部症候群である、

 

いわゆるむちうち症には特別な「これ」という病態はありません。

 

比較的軽い損傷である頸部捻挫~重症度の高い脊髄損傷まで

 

広範囲の損傷程度・症状を総称して、

 

むちうち症と一般的には呼ばれています。

 

正式な名称ではありません。

 

交通事故で負傷する外傷性頸部症候群、いわゆるむちうち症が

 

通常の捻挫や挫傷と違い特別に扱われる要因の一つとしては

 

やはり、後遺症が残りやすい病態ということが世間一般の認識と考えられます。

 

そして、むちうち症により、後遺症害を残しやすいものが、

 

交通事故の強う衝撃による脳硬膜のゆがみ、

 

衝撃の微妙な首への負担や精神的負担から生じる

 

頚椎捻挫バレーリュー型から発症する

 

症状を呈するバレーリュー症候群といえるのではないでしょうか。

 

頚椎捻挫バレーリュー型からバレーリュー症候群の症状が出現すると、

 

今まで順調に回復してきたむちうち症状が悪化に向かうこともあります。

 

また、なかなか症状改善が順調にみられなくなってしまうこともあります。

 

頭痛・ふらつきや吐き気・倦怠感・不眠など

 

別の不定愁訴的な症状が生じてくることもあります。

 

この頚椎捻挫から起きるバレーリュー症候群が発症してしまうと

 

それからの治療に難渋することが多くなるので、

 

いのうえ整骨院『仙骨バランス療法』むちうち症専門治療では、

 

症状発症前からこのバレーリュー症候群を予防しながらの治療を行なっています。

 

バレーリュー症候群発症の予防のために行う、

 

いのうえ整骨院で行っている自律神経の調整法では

 

スーパーライザーを使った、交感神経過緊張を緩和する

 

星状神経節照射法です。

 

副作用もなく、痛みや苦痛も伴わない方法なので

 

安心して、治療できます。

2020年04月6日

山梨県の交通事故の特徴は?

みなさん、こんにちは!

 

いのうえ整骨院で自賠責保険を使って

 

交通事故治療/むちうち症治療を行う場合は、

 

希望者は「ナノパルス」という自律神経測定機により、

 

自律神経測定を行います。この測定機械の測定結果により、

 

自律神経の働きや比率もわかりますが、

 

内臓温度の正常状態、低下状態も把握できます。

 

そして、内臓温度の低下がみられるときには、

 

写真のようなマイルドホットウェーブという人間の体の修復を促す

 

ヒートショックプロテインを増幅させる全身治療も

 

いのうえ整骨院自費治療である『仙骨バランス療法』と同じように

 

交通事故患者様にも行っています。

 

昔と違い、今は自動車に乗るときのシートベルト着用率は随分上がっています。

 

というより、対向車を気を付けてみても、シートベルト着用していない車を

 

探すほうが難しいくらいになっています。

 

シートベルトしないと違反になるから・・・

 

 

という理由ではなく、安全のため、

 

自分の身の安全に対して、

 

出来るだけのことをして命を守ることの大切さ重要です。

 

その最小限ですぐに実行できる事がシートベルトの着用といえます。

 

一昔前までは、すへての車にシートベルトはついているのに、

 

車購入してから、一度もシートベルトなど使ったことなどない。

 

こんな人がほとんどの時代もありました。

 

そして、シートベルト着用が義務化されて以降でも、

 

当時なれないこともあり

 

運転中の締め付け感に違和感があったり、

 

今までそのような習慣がなかったので忘れたり、

 

という方も当初あったとおもいます。

 

しかし、今ではシートベルトを着用しなれると、

 

シートベルトをつけないと、

 

逆に怖い感じがしてきます。

 

こんな感じで、人間の習慣というものは怖いものです。

 

みなさん、シートベルトはちょっと近時までという時でも、

 

きっちりと締めて運転しましょう。

 

いのうえ整骨院の『仙骨バランス療法』とは

 

1自律神経・2神経伝達・3筋・4内臓経絡・

 

5エネルギー・6筋力7身体(骨盤・骨格・関節)の

 

バランス調整を行い、

 

全身的に回復しやすい状態にしながら治療を行っていきます。

 

6.筋力バランスにおいては筋肉1つ1つの状態を筋力テストで診ていきます。

 

筋力バランスが崩れることで、後々になって今まで普通にできていた

 

スポーツがしにくくなったり、動きにくい筋肉の代償運動として

 

他の部位に痛みが生じてしまうこともあります。

 

いのうえ整骨院では

 

自賠責保険を使った交通事故治療/むちうち症治療においても

 

シッカリと筋力バランスを診ながら治療を進めています。

 

マイルドホットウェーブによりヒートショックプロテインを増幅させると

 

傷ついた組織の修復が促進されます。

 

交通事故被害による、肩や膝のケガなど、首や腰のむちうち症などで

 

損傷した組織の修復を促すために

 

いのうえ整骨院では全身治療として、

 

写真のように下半身のリンパや血流を促進するために鼡径部のリンパ節

 

上半身のリンパや血流を促進するために腋窩リンパ節、鎖骨下リンパ節に

 

マイルドホットウェーブの刺激をいれていきます。

 

刺激自体はほんのり温かい、心地よい刺激感です。

 

「山梨の交通」という冊子から書かせていただきます。

 

山梨県内で交通事故の発生が一番多い路線は国道20号なっています。

 

次が国道52号線となり、その次か゛国道139号線と続くようです。

 

交通事故死者数では国道139号線が一番多いと書かれています。

 

もちろん交通事故は交通量に比例する、

 

歩行者・自転車の多さに比例して多くなるのだと思われますが、

 

交通事故の発生原因をみていくと、

 

全交通事故の中で前方不注意や

 

安全不確認による交通事故が63.8%と圧倒的に多いようです。

 

死亡事故においても前方不注意や

 

安全不確認による交通事故が47.5%という数字になります。

 

交通事故の形態では、

 

車対車の交通事故が89.8%とほとんど9割の交通事故が

 

車対車の交通事故となります。

 

交通事故により、死者の出てしまったケースでは人と車の場合が32.5%、

 

車対車が47.5%、車単独事故20%となっているようです。

 

交通事故による死者は

 

50%の20人が65歳以上の高齢者となっているので、

 

これからも増え続ける高齢者は車運転、自転車、歩行とも

 

十分に気を付けながら運転などを行っていかないといけません。

 

いのうえ整骨院で交通事故治療・むちうち症治療『仙骨バランス療法』とは

 

6.筋力バランスにおいては筋肉1つ1つの状態を筋力テストで診ていきます。

 

筋力バランスは本人には非常にわかりにくいもので

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院で行っている

 

自費治療である『仙骨バランス療法』を受けに来る

 

スポーツを熱心におこなっている人でもわかりにくいものですが

 

筋力テストを行いながら、「筋力バランス」を確認していくと

 

「えっ!こんなに違うの!」と感嘆符がいくつも付きます。

 

そのような「筋力バランス」の確認を

 

交通事故治療/むちうち症治療においても行っています。

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院で

 

交通事故治療/むちうち症治療においても

 

いのうえ整骨院の自費治療である腰痛や肩こり・頭痛・坐骨神経痛・関節痛など

 

の治療体系の『仙骨バランス療法』を取り入れて治療に取り組んでいます。

 

『仙骨バランス療法』は全身的に回復しやすい心体状況にして、

 

局所的にもアプローチするという形で治療を行っています。

 

傷ついた細胞を修復する修復たんぱくを増やす写真のような

 

「マイルドホットウェーブ」も

 

交通事故治療/むちうち症治療において使用しています。

 

少し古い資料となりますが平成24年度年の山梨県内の交通事故で

 

高齢者が関係した交通事故は1606件になります。

 

その数字は全交通事故のうちの26.7%を占めています。

 

交通事故全体の4回に1回以上は高齢者が関係した交通事故となっています。

 

山梨県内の平成24年度に発生した交通事故による死者の中では、

 

その中でシートベルト着用対象となっていた人は16人いたようでした。

 

その中で着用者していたが死亡してしまった人が8人だったようです。

 

またシートベルト未着用者8人のうち、

 

もし着用していれば助かったかもしれない人が6人いたようです。

 

シートベルトを着用はご自分の身の安全のためです。

 

どんな短い距離であっても、必ずシートベルトを着用しましょう。

 

筋力バランスにおいては筋肉1つ1つの状態を筋力テストで診ていきます。

 

交通事故被害の肘の捻挫やハムストリングスの

 

肉離れや胸部の打撲などのケガや

 

肩痛・背中痛などのむちうち症であっても、

 

痛みやしびれ代償運動によって

 

筋力のアンバランスが生じることはあります。

 

また、交通事故の非常に強い衝撃によって、

 

椎間板ヘルニアなどが生じてしまった。

 

というような例もある通り、

 

交通事故の衝撃計り知れないものがあるので、

 

後々に筋力バランスが悪く、生活に支障が出ることがあれば

 

それはまた、目に見えない後遺症が残ることになります。

 

交通事故被害に遭って、けがやむちうち症になってしまったら

 

シッカリと治療を行っていくことはとても大切です。

 

いのうえ整骨院で行っている、微弱電流治療器による

 

四肢通電という治療法は、実際は手首・足首に通電を行います。

 

手首・足首に微弱な電流を流すことによって、

 

脳波をリラックスした状態にリセットしていく治療法となります。

 

手・足は東洋医学的な“ツボ”が集まっているので

 

その“ツボ”を利用して、全身の気血流れの調整を行い、

 

脳波のリラックス状態を行っています。

 

これは交通事故の患者さんではないのですが、

 

以前、いのうえ整骨院に来院された人が

 

いきなり

 

「私はレントゲンを撮りたいのですが?今できますか?」

 

「えっ???」

 

もちろんこんなことはご存じの人がほとんどだと思いますが、

 

「レントゲン検査を希望する場合は、整形外科や病院等にいかないと・・」

 

と皆さんご存知のことであると思われます。

 

このことを言った人が高齢者であったのか?

 

というとそんなこともなく、

 

たぶんまだ30代くらいの女性だったのですが。

 

本当に鮮明に覚えています。

 

このようなことは、交通事故治療においても言えることだと思われます。

 

交通事故被害に遭った場合に、けがやむちうち症になってしまった時に

 

整骨院でも整形外科や病院と同じように自賠責保険を使って、

 

むちうち症や捻挫や打撲などの治療ができること。

 

整骨院で自賠責保険を使った

 

交通事故治療/むちうち症治療ができることは

 

整骨院でレントゲン撮影をしてくれる。

 

このようなことよりももしかしたら

 

知らない人が多いかもしれません。

 

整骨院の集まりに行くと、

 

他県の整骨院の先生のお話しをお聞きすると、

 

他県の人より、山梨県の人は交通事故/むちうち症治療→整骨院で治療できる。

 

・・・知らない人が結構多いのでは

 

と当院患者さんにお聞きしても感じます。

 

いのうえ整骨院では、

 

後遺症を残さない早期回復の交通事故治療に特化した

 

交通事故/むちうち症の専門治療を行っていきます。

 

この現象は、山梨県や甲府市に限ったことではないと思われますが、

 

若い人の車離れという現状があっても、

 

高齢者ドライバーはまだまだ増加し、

 

高齢者の考えられないような交通事故も

 

日々テレビや新聞で報道されています。

 

交通事故は車・バイク・自転車が存在して、交通網を利用して

 

人間が移動する限り、決して0にはならないと思われます。

 

後遺症を残さない交通事故・むちうち症治療が

 

ますます大切になるのではと思います。

 

いのうえ整骨院で交通事故治療・むちうち症治療にも

 

自費治療の全身的に回復しやすい状態を

 

作りながら、痛みやしびれ・不調の局所の治療も行うという

 

いのうえ整骨院オリジナル治療体系『仙骨バランス療法』とは

 

1自律神経・2神経伝達・3筋・4内臓経絡・

 

5エネルギー・6筋力7身体(骨盤・骨格・関節)の

 

バランス調整を行い、全身的に回復しやすい状態にしながら治療を行っていきます。

 

  1. 身体バランス(骨盤・骨格・関節)調整は

 

骨盤矯正や骨格矯正・関節調整等を行っていくものになりますが

 

これは主に手技での細かい、微妙な矯正・調整を行っていきます。

 

交通事故の強い衝撃によって、一瞬にして骨盤や骨格がゆがんだり、

 

関節の縫合に不具合が生じることがあるので、いのうえ整骨院では、

 

交通事故治療/むちうち症治療においても

 

骨盤・骨格・関節を矯正・調整していきます。

2020年03月22日

被害者からみた保険会社は?

みなさん、こんにちは!

 

いのうえ整骨院の「骨盤矯正」はいのうえ整骨院『仙骨バランス療法』の

 

身体バランス調整となります。

 

「骨盤矯正」は腰痛や産後の骨盤矯正の人たちだけでなく

 

交通事故の強い衝撃により

 

「骨盤のゆがみ」が生じることもあることを考えると

 

交通事故のケガやむちうち症の治療でも

 

「骨盤・骨格・関節のゆがみ」が確認されれば

 

後遺症を残さないように「骨盤・骨格・関節矯正」が必要となります。

 

いのうえ整骨院では自賠責保険の治療においても必要な場合は

 

「骨盤・骨格・関節矯正」を行いながら、

 

交通事故治療・むちうち症治療を進めています。

 

交通事故被害に遭った場合、

 

基本的には、相手側の加入している損保会社の担当者が

 

その後の治療費や保証などの自賠責保険支払いについて対応します。

 

通常の場合、損保保険会社の担当の人が

 

とても丁寧に優しく対応してくれる事と思います。

 

ただ、交通事故被害者にとっての自賠責保険を

 

請求する損害保険会社はあくまでも、

 

加害者側の加入する損害保険会社であるということになります。

 

偶然、交通事故に関係した被害者と加害者側が

 

同じ損害保険会社ということもありますが・・・。

 

いくら損保の担当者が親切丁寧な対応で応じてくれたとしても、

 

加害者側の損害保険会社なのは、事実で

 

被害者のことを考えるより、会社のことを考えます。

 

治療費を含めた補償等、損害保険料を

 

できる限り抑えるようにするのは当然です。

 

ということも含めて「言った。言わない。」という

 

トラブルになることも十分考えられます。

 

重要なことや専門的でわかりにくい事柄は

 

十分にわかるまで確認をすることです。

 

なにか?おかしいと思うことは、

 

何回でも確認しておくことは後々重要です。

 

「言った。言わない。」にならないように文書で書いていただく方が

 

最善なので、納得いかない対応は

 

「専門的でよくわからないから文書で送ってください。」

 

と伝えることが良い方法かもしれません。

 

いのうえ整骨院で自賠責保険の

 

治療に取り入れている『仙骨バランス療法』とは

 

1自律神経・2神経伝達・3筋・4内臓経絡・

 

5エネルギー・6筋力7身体(骨盤・骨格・関節)の

 

バランス調整を行い、

 

全身的に回復しやすい状態にしながら治療を行っていきます。

 

5.エネルギーバランスは難しい考えとなりますが

 

人間のエネルギーの出入りを円滑にすることは

 

交通事故のケガやむちうち症を

 

順調に回復させていくためにとても大切なことです。

 

いのうえ整骨院ではエネルギーの出入り口である

 

7つあるチャクラというエネルギーのでは

 

入り口のどこに滞りがあるか?

 

確認するテストを行い、その部位の「チャクラ調整」を

 

いのうえ整骨院『仙骨バランス療法』

 

交通事故治療・むちうち症治療で行います。

 

いのうえ整骨院では交通事故治療・むちうち症治療においても

 

いのうえ整骨院で行う、整形外科的テストや筋力テストにより

 

「その必要がある」と思われる

 

交通事故の捻挫や打ち身・肉離れなどのケガや

 

骨折や脱臼のリハビリ、

 

首痛・肩痛・背中痛・腰痛などのむちうち症においても

 

「骨盤・骨格・関節矯正」を行っています。

 

いのうえ整骨院では交通事故でなくても

 

慢性腰痛・肩こり・坐骨神経痛・頭痛・

 

関節痛・自律神経失調症・顎関節症・スポーツ障害においても

 

「その必要がある」と思われると思われる場合、

 

いのうえ整骨院『仙骨バランス療法』で

 

「骨盤・骨格・関節矯正」を行っていますが

 

「骨盤・骨格・関節矯正」など「整体」は国家資格を有する

 

整骨院・接骨院で行いましょう。を広めていきたいと思っています。

 

整体やカイロなどと名乗るところが

 

「無資格」なのは皆さんご存知ですか?

 

運転免許症更新時に戴く本を見せてもらうと、交通事故情報特に山梨県内の

 

交通事故の情報が書かれています。

 

山梨県内の運転免許保有者と全国の運転免許保有者を比較数すると、

 

免許保有者が全国的には1.56人に1人なのに対して

 

山梨県では、1.43人に1人となり、

 

総人口に対する免許保有率は

 

全国の第3位という高い保有者率となっています。

 

逆に高齢者でも車を運転する人が多いということになります。

 

自動車保有数も1世帯全国平均が1.5台に対し、

 

山梨県の平均は2.2台となっています。

 

平成20年~平成24年の免許保有者をみても、

 

少しずつですが今はまだ免許証の保有者は増加している傾向が続いています。

 

最近では若い方の車離れが言われていますが、

 

車社会の山梨県に住んでいる人では、

 

興味なくても、車に乗らないで生活することはとても難しいことになります。

 

これから先、まだまだ高齢者ドライバーが増えていくことが予想されます。

 

これからもより以上に交通安全に気を付けていきましょう。

 

「仙骨バランス療法」エネルギーバランスは難しい考えとなりますが

 

エネルギーバランス調整は交通事故被害においても、交通事故の非常に強度の

 

衝撃によってショックを受けた場合に、人間のエネルギー(氣・生命力)の

 

出入り口の滞りの調整をエネルギー(氣・生命力)の

 

チャクラという7つの出入り口の滞っている部分の調整を

 

「ジェムビームコスモス」という光線治療器で調整します。

 

エネルギーの出入り口の滞りが生じてしまうと

 

人間の回復力は低下します。

 

いのうえ整骨院で行う『仙骨バランス療法』では

 

エネルギーバランス調整により、エネルギー(氣・生命力)を調整します。

 

いのうえ整骨院では

 

交通事故の非常に強い衝撃によって骨盤等のゆがみが生じた

 

患者さまには骨盤矯正も交通事故治療の中に組み入れています。

 

古い資料となりますが

 

ある年の山梨県内で発生した交通事故件数は6.015件とあります。

 

その交通事故による負傷者が8.016人となり、死者が40人とあります。

 

交通事故の死者というのは、

 

事故から24時間以内に亡くなった人を交通事故による死者に

 

数えます。とその時の免許証更新時の教官の人が教えてくれました。

 

平成24年から平成20年まで5年間の発生件数の平均値をみてもおよそ

 

約6.000件/年の交通事故発生件数となっています。

 

その中の負傷者をみても平成23年の7.872人が最低数で

 

平成21年の8.640人が最高数となっていることが分かります。

 

山梨県ない交通事故負傷者数では、およそ8.000±50人の交通事故による

 

負傷者が1年間に発生することになります。

 

この交通事故負傷者を約8.000で計算して12カ月で÷と

 

1か月666人が交通事故で負傷してしまうということになり、

 

また日割で1か月を30日で計算しても1日22人が交通事故によって、

 

むちうち症やケガ、もちろんその中には

 

重症を負っている人もいるということになります。

 

交通事故はお互いに十分な注意を払っても、

 

加害者にも被害者にもなるリスクはあります。

 

もちろん誰でも同じことなので、

 

お互いに十分すぎる注意を払って気を付けたいところです。

 

「仙骨バランス療法」筋力バランスにおいては

 

人間の左右筋力のバランス、体の前後の筋力バランス、

 

体の上半身・下半身のバランスなどを調整しています。

 

そのバランスを整えることで回復しやすい、他の部位に負担がかからない

 

身体作りを目的としています。

 

いのうえ整骨院では交通事故治療/むちうち症治療においても

 

自賠責保険での治療では

 

いのうえ整骨院自費治療と同じように『仙骨バランス療法』を使って

 

骨盤のゆがみ等の矯正も必要があれば行います。

 

また、自宅でも行えるように

 

ご自身での力加減等やり方のご指導もしています。

 

これ等は「産後の骨盤矯正」も同様で

 

自宅でのご自分で行っていただく矯正もその状態を維持するために大切です。

 

私は平日は整骨院の仕事で家からは出られないことは当たり前ですが

 

車はほぼ木・日曜日しか運転しないので、

 

違反などをしてしまう割合も当然少なくなり、

 

このところはおかげさまで違反や事故もなく、

 

3回くらいは5年更新の免許証書き換えを済まさせていただいています。

 

しかし、いくら運転する機会が少ないからと言っても、

 

その道路状況や連休などその時の車の多い少ないなどのケースによって

 

多少リスクは違うと思いますが、

 

自動車運転をしている以上、その瞬間は誰でも交通事故に遭遇してしまう

 

危険性は同じということになると思います。

 

免許更新の時に頂いた資料を参考にさせていただくと、

 

その資料にある統計データが残っている中では、

 

山梨県内で交通事故死亡者の最多は昭和44年までさかのぼります。

 

224人/年、最少は昭和25年の29人/年となっています。

 

まだ、昭和25年ごろでは、

 

当然交通事故は自動車等の数から考えても少ないでしょう。

 

ただ、一時期より交通事故の死傷者の減少傾向がみられるのは、

 

義務化が厳しくなったこともありますがシートベルト着用等、

 

安全意識が向上したことがあげられるようです。

 

交通事故発生件数を資料で見ても、

 

年間の最多件数は平成15年の7.696件となっています。

 

最少交通事故発生件数はやはり昭和25年の242件となっています。

 

交通事故死亡者、発生件数の最少はいずれも昭和25年であることから、

 

たぶん記録が残っているデータ的にこの25年が記録として残っているものの中で

 

一番古いデータなのだと思われますがどうでしょうか?

 

また、山梨県内での人口10万人当たりの交通事故死傷者数は4.63人となっており、

 

交通事故死傷者数全国平均の3.44よりも1人以上も多いので、

 

山梨県内の交通事故を考えるとお互いに安全に気を付ける必要があるようです。

 

「仙骨バランス療法」筋力バランスにおいては筋肉1つ1つの状態を筋力テストで診ていきます。

 

普段は気が付かない筋肉の差であっても1つ1つの筋肉に的を絞ると

 

「左は普通に力が入るのに右は全然力が入らない。」こんなことにもなります。

 

また、力が入りにくい筋肉への筋肉体操をご指導しています。

 

いのうえ整骨院では交通事故治療/むちうち症治療においても

 

当院の自費治療『仙骨バランス療法』と同じように

 

交通事故の強い衝撃で歪んでしまった

 

骨盤や骨格・関節に対して矯正を行います。

 

この矯正状態を維持してもらえるように自宅でもできる

 

簡単な関節矯正をご指導しています。

 

前回の続きで山梨の交通という冊子を参考に

 

山梨県の交通事故事情についてお伝えします。

 

その本によると平成24年度の山梨県内における人身事故状況の特徴を見ると、

 

交通事故による死者数は40人となっています。

 

その数字は10万人あたり、4.63人に相当する数字になります。

 

山梨県内市町村別発生件数では、やはり1位は甲府市で1.944件となり、

 

山梨県全体の32.3%を占めています。

 

その年の死者数を見てみると

 

笛吹市と富士河口湖が5人ずつで最も多かったようです。

 

交通事故被害状況では山梨県以外の方の死亡者が8人となり、

 

最も多い数字となっています。

 

その次に笛吹市の方が5人と多い数字となっています。

 

それでは曜日別の交通事故発生件数はどうでしょうか?

 

その曜日別の交通事故発生件数をみると、

 

土・日が多いのでは?と予測しますが

 

実際のところでは水曜日と金曜日が900件台と

 

やや多かったという数字になっています。

 

逆に日曜日が700件台とやや少ないと書かれているのはちょっと意外です。

 

交通事故発生の時間帯では朝の8~10時、

 

夕方16~18時が多く発生しています。

 

これは予想通りだと思いますが、通勤・通学等車やバイク・自転車を

 

利用する人が多いためだと思われます。もちろん、歩行者も含めてとなります。

 

とはいってもその瞬間、瞬間ではどの曜日であろうとまた、

 

どの時間帯でも交通事故発生リスクはあります。

 

時間や曜日によって、

 

また、この道路はあまり車も通らないから安全

 

なんていうことは絶対ありません!

 

つねに気を配りくれぐれも気を付けて、行動したいものです。

 

「仙骨バランス療法」筋力バランスにおいては

 

筋肉1つ1つの状態を筋力テストで診ていきます。

 

交通事故被害ではその痛みやしびれなどで筋肉が使いにくい状況や

 

交通事故の衝撃によって硬膜のゆがみが生じることで

 

脳からの命令が上手に末梢に伝わらなくなることで

 

筋力が左右・前後・上下に伝わりにくくなることがあります。

 

いのうえ整骨院の自賠責保険を使った交通事故治療/むちうち症治療においては

 

そのような筋力バランスを調整しながら治療を進めていきます。

2020年03月16日

交通事故における.政府保証事業制度とは

みなさん、こんにちは!

 

「骨盤のゆがみ」調整では患者様に確認して頂き、治療をすすめます。

 

いのうえ整骨院では「筋力テスト」で確認しながら「骨盤矯正」を行います。

 

交通事故のケガやむちうち症においても交通事故被害の非常に強い衝撃によって

 

骨盤や骨格にゆがみが生じることがあります。

 

そのような場合にいのうえ整骨院では

 

患者様と一緒に「骨盤のゆがみ・骨格のゆがみ」を

 

筋力テストにより、確認しながら納得の「骨盤や骨格矯正」を行っていきます。

 

運悪く交通事故被害になってしまった時、その交通事故の加害者が以下の場合は、

 

政府の行っている交通事故の保障事業制度によって、

 

交通事故の被害者は給付金を受け取ることができる制度があります。

 

こんなケースでは政府が行う保障事業制度を受けられることになります。

 

交通事故がひき逃げ事故で加害自動車がわからないというケース。

 

交通事故の加害者が自賠責保険に加入していない自動車が加害者というケース。

 

同じようなケースで加害者の自動車の

 

自賠責保険が有効期間を過ぎたケースの交通事故。

 

交通事故が盗難車両での事故の場合で

 

自動車所有者に責任がないケースでの交通事故。

 

このようなケースでは交通事故被害における

 

政府保証事業制度が受けることができます。

 

交通事故の補償にかかる給付金は政府が肩代わりしてくれ、

 

その給付された金額は後に本来の支払い義務者が、

 

国から請求を受けて支払う仕組みになっています。

 

政府が行う保障事業制度の給付金額は自賠責保険の補償給付金額

 

とほぼ同様の金額になっています。

 

政府が行う保障事業制度への請求の手続きは

 

損保会社・責任共済等に委託されています。

 

詳しくはご自分の加入任意保険会社に

 

問い合わせて対応してもらうのが1番です。

 

それが毎年高いお金を掛け捨てしている損保会社の仕事なのですから。

 

 

いのうえ整骨院の『仙骨バランス療法』とは

 

1自律神経・2神経伝達・3筋・4内臓経絡・

 

5エネルギー・6筋力7身体(骨盤・骨格・関節)の

 

バランス調整を行い、

 

全身的に回復しやすい状態にしながら治療を行っていきます。

 

5.エネルギーバランスは一番難しい事となりますが

 

当院でも通常の痛みや不調を訴える患者さんの中でも

 

人間のエネルギーの出入り口の滞りが

 

生じている患者様の身に行う治療ですが

 

交通事故被害の強うショックにより

 

エネルギーの出入り口が滞ってしまう人もいます。

 

そのような人に対して行うのがエネルギー調整となります。

 

人間のエネルギーというと東洋医学的には「氣」日本語では「生命力」

 

ということになります。「生命力」が低下すると

 

人間痛みや不調も当然治りにくくなります。

 

交通事故の強い衝撃やショックでは

 

人間のエネルギー(氣・生命力)に滞りが生じることがあります。

 

そのようなエネルギー(氣・生命力)に滞りが生じると自然治癒力も低下し

 

なかなか痛みや不調が治ってくれない。ということになります。

 

そのエネルギー(氣・生命力)の滞りを調整するのが

 

いのうえ整骨院『仙骨バランス療法』エネルギーバランス調整です。

 

その人間のエネルギー(氣・生命力)の出入り口は

 

7つあり「チァクラ」とも言います。

 

ちょうど会陰部のあたりから頭のてっぺんまで7つのチャクラがあります。

 

交通事故の強い衝撃やショックにより、エネルギーバランスを崩した状態であれば

 

チャクラ調整が必要な場合があります。大地からのエネルギーの出入り口である

 

人間の一番下部の第1・2チャクラ、人間からのエネルギーが入ってくる第3・4チャクラ、

 

エネルギーを出す第5チャクラ、天からのエネルギーの入り口の第6・7チャクラがあり、

 

これらの7つのどこに滞りがあるかテストして、エネルギー調整を行います。

 

 

いのうえ整骨院では交通事故治療・むちうち症治療にも

 

必要であれば「骨盤矯正」を行っていきます。

 

いのうえ整骨院では「骨盤のゆがみ」を「ずれ(硬さ)・ねじれ・傾き」に

 

分けて矯正していきます。

 

矯正方法は「バキッ」とするような手荒いものでなく

 

ソフトに矯正しますが矯正前・矯正後は患者さんでもわかるような

 

身体変化が得られます。

 

交通事故被害によって仕事等を休まないといけないときに発生する

 

休業損害費用は自賠責保険による基準では原則として5.700円/日が支払われます。

 

また、被害者によっては5.700円/日以上の収入を証明することにより、

 

休業損害費用上限額を19.000円/日で、計算して、実費として支払われます。

 

休業損害費用の計算式としては、

 

給与所得者の場合では

 

過去3ヶ月の1日当たりの平均給与額がその基本となります。

 

休業損害費用は事故前3ヶ月の収入÷90日×認定休業日数となります。

 

休業損害費用を請求する場合、

 

その計算を会社で作成してもらい、

 

担当者名と代表者の印が必要になります。

 

パート・アルバイト等の休業損害費用の計算では

 

休業損害費用の計算として

 

日給×事故前3か月間の就労日数÷90日×認定休業日数となります。

 

また、アルバイト先等証明が必要となります。

 

事業所得者の休業損害費用の場合では

 

事故前年の所得税確定申告書を基準とします。

 

所得税確定申告書を基準から1日当たりの平均収入を算出します。

 

休業損害費用の計算は家庭の主婦でも申請できます。

 

家庭の主婦は家事ができない期間は収入の減少があったと見なされます。

 

休業損害費用の計算は1日当たり5.700円を限度として支払われます。

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院では

 

病院や整形外科との併用した治療が行えます。

 

自賠責保険の考え方として

 

「交通事故被害に遭った人の早期の痛みの治癒と社会復帰」

 

というものがあると思うので、整形外科に通院しながらであっても

 

「シップと痛み止めだけでは・・・?」と考えた場合

 

「整骨院にも並行して通院しよう。」と思ったら

 

それは患者さんの自由なので損保会社に一応連絡して

 

病院や整形外科との併用した治療が整骨院での治療が問題なくできます。

 

いのうえ整骨院では交通事故患者様の状態に合わせて

 

「骨盤矯正」等も治療に組み入れながら

 

交通事故治療・むちうち症治療を行っています。

 

年齢層別交通事故発生状況は、

 

一昔前と異なり、交通事故年齢別では、

 

30~39歳の年齢層が1番多い発生年齢となって

 

そのあとに続いて40~49歳代の人たち、

 

続いて16~24歳、以下65歳以上

 

と言う状況となっています。

 

この交通事故年齢別発生状況は

 

若い方々の自動車離れが影響しているということです。

 

逆に、65歳以上の交通事故発生件数は高齢者ドライバーの増加により、

 

当分は増加傾向になると予想できます。

 

これはよほど法律でも変わらない限り、テレビで毎日のように報道されている

 

高齢者の考えられないような交通事故を見ると明らかなような気がします。

 

65歳以上の交通事故発生件数は

 

少子高齢化によりパーセンテージは上がっていくのでしょう。

 

当然のことですが

 

自分が事故を起こさないように気を付けることは第一です。

 

交通事故被害にも巻き込まれないように

 

お互いに細心の注意をしたいところです。

 

お互いに細心の注意をしても

 

それでも避けられないのが交通事故ともいえますが、

 

万が一の交通事故被害者になってしまい、

 

ケガやむちうち症になってしまった時には、

 

自賠責保険を使った治療に専念できるしくみがあります。

 

交通事故被害でケガやむちうち症になってしまった時には迷わず、

 

早めに治療を開始して、

 

後遺症をも残さない早期回復の治療に心がけたいものです。

 

いのうえ整骨院では交通事故被害に遭い、けがやむちうち症になった

 

人に対して自賠責保険を使った治療が行えます。

 

自賠責保険では例えば最初の検査で

 

整形外科医院や病身の整形外科で検査してもらい

 

その後も経過を診てもらいに通わないといけない状況下でも

 

いのうえ整骨院には病院や整形外科との併用した治療できます。

 

いのうえ整骨院では痛みの局所だけにとらわれない

 

交通事故治療・むちうち症治療を

 

行い『骨盤矯正』など全身的に治療を進めていきます。

 

交通事故治療やむちうち症の治療において

 

自賠責保険を使って治療するケースでは、

 

自分で覚えておかないとならない事、

 

やっておかないといけない事柄が数点あります。

 

まず、交通事故の日にちとして、

 

事故に遭ってしまった日時・場所・状況は

 

しっかりと記憶・記録しておきます。

 

治療を行なっていくために、

 

また、負傷状況の把握のためにはとても重要です。

 

その時の症状はどのような状況なのか?

 

交通事故の直後は全く痛く等が感じなかったが、

 

次の日から痛みが生じてきた。

 

または、最初は頸の痛みだけだったけど、

 

頭痛も生じてきてしまったなど。

 

その症状によっては、治療法が変わってきます。

 

重要な確認事項としては警察への届け出はしましたか?

 

警察での現場検証を行なわないと人身扱いになりません。

 

また、後になって現場検証を行うことは

 

警察でも処理に困るので面倒になります。

 

警察側でも状況等わからないと現場検証になりません。

 

ケガやむちうち症がある場合に病院で検査しましたか?

 

病院や整形外科等で画像検査をして証拠を残しておかないと、

 

ほとんどの場合、損害保険会社で自賠責保健扱いにならない場合もあります。

 

万が一後遺症が残ってしまった場合を考えると、

 

定期的に最初に検査してもらった

 

整形外科医院や病院等で経過を診てもらう必要があります。

 

確認事項して、相手方の損保保険会社名とその担当者名を確認しておくこと、

 

このことがわかっていないとどこに自賠責請求したらよいのか?わからない。

 

ということになります。

2020年03月8日

健康保険証で交通事故治療は?

みなさん、こんちは!

 

交通事故による非常に強い衝撃ではその衝撃により

 

「骨盤のゆがみ」が生じることもあり、

 

またもともと「骨盤のゆがみ」があったり

 

慢性腰痛があった場合、

 

交通事故の被害によってその腰痛が余計ひどくなったり、

 

「骨盤のゆがみ」が生じてしまったために痛みや不調が長期化することは

 

交通事故による非常に強い衝撃を考えた場合、

 

十分に考えられることになります。

 

いのうえ整骨院ではそのような状況も

 

「脚長差」や「整形外科的テスト」を

 

しっかり行い交通事故治療・むちうち症治療をすすめていきます。

 

交通事故での治療を健康保険で治療をするケースでは、

 

患者さんは明らかな仕事上でない捻挫等ケガをして、

 

整骨院に通院する場合と変わりはありません。

 

仕事上のケガや慢性の腰痛・肩こり、

 

頭痛や自律神経失調症、産後の骨盤矯正、

 

等に整骨院や接骨院で保険証を

 

使って治療を行ってはいけません。

 

交通事故での治療を健康保険で治療をするケースでは、

 

損保会社で第3者行為届を行ってくれるので、

 

通常では、健康保険証を使う治療では、診ることができない

 

交通事故被害のいわゆる第3者行為での負傷でも、

 

窓口負担で通常支払う3割負担分も窓口では支払わずに、

 

整骨院から損保会社に請求します。非常に面倒な作業になります。

 

健康保険を使用した治療費の割分ものちのち、

 

損保会社から健康保険の組合等に返却する。

 

というシステムになっています。

 

これは損保の仕事なので損保の面倒は仕方がありません。

 

交通事故被害においても健康保険証を使用するシステムは同じことなので

 

整骨院の療養費(治療費)請求の決め事というか法律では、

 

健康保険で治療は施術機関が3ヶ月を超えてしまうと

 

長期理由というものを書かなければならず、

 

しかも、逓減といって治療費も削られてしまいます。

 

ということもあり、

 

余り長期の健康保険証を使った交通事故施術(治療)には

 

整骨院側としては無理な部分が生じてしまいます。

 

悲惨なケースとしては、ひき逃げ・相手が

 

ちゃんと任意保険に入っていない場合です。

 

最近では車検無し、自賠責未加入車両もあります。

 

そんな悲惨なケースも、

 

交通事故によるケガやむちうち症の治療において、

 

政府保証事業制度等で治療を行えます。

 

「仕方がないから自腹で治療しよう」は絶対にやめましょう。

 

相手がそのような状況で車を運転しているほうが悪いのですから、

 

ましてや、自賠責無し車両は犯罪です。

 

交通事故の相手がしっかり保険に入っていなかったケースでは、

 

専門家にお願いして、

 

自賠責並みの保証をしてもらうことをいのうえ整骨院ではお勧めします。

 

ということでいのうえ整骨院、交通事故・むち打ち専門治療は

 

自賠責・自費治療の対応となっています。

 

整骨院で「交通事故治療が自賠責保険を使ってできる?」

 

ということをまだご存知でない人も多くいます。

 

それは、「整体」とか名乗る無資格で治療もどきを行っているところに

 

知らずに本当に残念なことですが

 

慢性の痛みや不調で治療もどきに行っている人が多く、

 

そんなところでは国家資格もない

 

「無資格者」なので保険証も自賠責保険も使えません。

 

そんなところと国家資格を有した

 

自賠責保険も適用できる「整骨院・接骨院」との区別

 

一般の人では知らない人も多い・・・そんな現状です。

 

いのうえ整骨院では

 

「整体は国家資格者の整骨院で受けましょう」

 

「交通事故被害のケガやむちうち症は整骨院でも自賠責を適用できます」

 

「自賠責治療の場合では病院や整形外科との併用した治療が整骨院ではできます」

 

そんなことを山梨県でもっともっと広めていきたいと思っています。

 

整骨院の選択はもちろんいのうえ整骨院に・・・といいたいところですが

 

御自身が「ここが良さそう!」と思うところが1番です。

 

当院で「骨盤のゆがみ」を「骨盤矯正」する場合では

 

写真のように患者様にも確認してもらい行います。

 

患者様自身でも考えられない様は反応が出るので

 

「え~なんで(笑)」という状況になります。

 

交通事故のケガやむちうち症でも交通事故治療・むちうち症治療を

 

後遺症を残さない、早期回復のために

 

「骨盤矯正」が必要な場合もありますが

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院では安全で効果のある

 

そして、患者様にも納得できる

 

「骨盤のゆがみ」を「骨盤矯正」しています。

 

交通事故の場合、被害者は保証が受けられますが

 

御見舞金など本人(被害者)加入の

 

保険会社から支払われる御見舞金などは、

 

相手の保険から支払われる御見舞金等では足りなかったりした場合、

 

怪我の度合いにより本人(被害者)加入の

 

保険会社から見舞金がでることもあります。

 

交通事故被害者ご本人が加入している損保会社に一応確認することは大切です。

 

せっかく、毎年高いお金を払って掛け捨てで加入しているのですから・・・

 

実際の場合では、通常交通事故被害者が支払ってもらえるものとして、

 

加害者側の加入祖自動車損害保険から・・・・

 

治療費・車の修理費・慰謝料等となります。

 

交通事故被害者本人加入の保険から、

 

加入の種類によってということにはなりますが・・・

 

前述したような保証がお見舞金として支払われます。

 

交通事故被害に遭われて、

 

大きなショックを受けて、痛いつらい思いをしているので、

 

最低限の保証はしてもらう権利が交通事故被害者には当然あります。

 

しかし、めったに自分の身に起こるものではないので、

 

交通事故の仕組みについては知らないと損することもあります。

 

そんな「後で損した」ということが無いように、専門家や自分の加入している

 

詳しい人に聞いたり、

 

自分の加入している任意保険、

 

損保の担当者や代理店の人に説明してもらうことは

 

とても大切なことです。

 

症状固定といわれ、示談になってしまってからでは遅いのです。

 

痛みも同様に示談してから、

 

まだ調子悪いではのちの後遺症となってしまいます。

 

いのうえ整骨院では自賠責保険を使って

 

交通事故のケガやむちうち症の治療が

 

病院や整形外科に通院しながら、

 

いのうえ整骨院でも治療することが

 

可能で自己負担¥0で

 

自賠責保険での交通事故治療・むちうち症治療ができます

 

交通事故治療・むちうち症治療も

 

いのうえ整骨院の『仙骨バランス療法』を

 

交通事故治療・むちうち症治療に特化して考え行っています。

 

いのうえ整骨院の『仙骨バランス療法』とは

 

1自律神経・2神経伝達・3筋・4内臓経絡・

 

5エネルギー・6筋力7身体(骨盤・骨格・関節)の

 

バランス調整を行い、

 

全身的に回復しやすい状態にしながら治療を行っていきます。

 

4.内臓経絡調整では東洋医学的なツボへのアプローチや

 

経絡というツボの通り道への治療を行います。

 

いのうえ整骨院で交通事故治療・むちうち症治療で行う

 

東洋医学的アプローチである

 

内臓経絡調整が交通事故治療・むちうち症治療に

 

後遺症を残さない、早期回復のために必要な場合もあります。

 

いのうえ整骨院の東洋医学的アプローチである内臓経絡調整は

 

「ソーマダイン」を使ってツボの流れを経絡に合わせたモードにより

 

微弱な電流を流す方法で行うので東洋医学といっても鍼を指すようなことは

 

一切しないので「怖くない」東洋医学的アプローチ的アプローチができます。

2020年03月2日

1 2 75

お問い合わせ・ご予約はこちら

完全予約制 お一人お一人をしっかり診させていただくので、ご来院前に必ずお電話ください 山梨甲府市交通事故治療.com

住所
〒400-0856 山梨県甲府市伊勢2-12-17

受付時間 月火水金午前8:50~11:00 午後13:40~19:30 土祝7:40~12:00

外観

0552279131 スマートフォンの方はタップで電話がかけられます

予約メールフォーム 交通事故被害者・加害者相談窓口

交通事故治療以外のお悩みはこちら!いのうえ整骨院公式サイト

トップへ戻る