交通事故後のむち打ちや怪我の治療・リハビリに自信があります!骨盤の歪みを解消する仙骨バランス療法で根本治療!

週末のお出かけにはお気をつけて・・・

2019年02月15日

みなさん、こんにちは!

 

週末は交通事故が多くなってしまう事は

 

皆さんが出かける機会も多く、車などに乗る機会も増えるので

 

さけられない事ではありますが

 

お互いに十分に気を付けて行きましょう。

 

交通事故被害に遭ってしまた時には、

 

被害者が警察で行なわないといけないことがあります。

 

警察で交通事故に関する事情聴取が行われ被害者の供述調書が作成されます。

 

被害者側の証拠品があればその提出を行ないます。

 

場合によっては実況見分が行われることもあります。

 

被害者は立会いも行わないといけません。

 

ほとんどのケースでは被害者の供述調書が作成されてそのまま処理が行われます。

 

被害者の供述調書が作成される時、

 

被害者が入院などで行けない場合以外では、被害者が警察に行き、

 

被害者の供述調書が作成されることもあります。

 

ケガが軽い場合では、加害者・被害者間での交通事故の事実関係の相違や争いがない時は、

 

電話によって被害者の供述調書が作成されることもあります。

 

被害者が交通事故によってむち打ち症、ケガにより入院しているケースは

 

警察が病院に行って被害者の供述調書を作成することもあります。

 

被害者の供述調書が作成は、警察官の質問に答える形で行なわれます。

 

自分の考えや訴えを言うということではありません。

 

交通事故被害に遭うと、痛い思い、つらい思いをしたり、車やご自分の愛用品が壊れたり、

 

本当に「運が悪かった。」では済まされないことが多いのは事実ですが、

 

交通事故後の後遺症害のない生活にできるように、

 

後々になっても「嫌な感情を残さないよう」にしたいものです。

 

山梨県のいのうえ整骨院の自賠責保険を使った

 

交通事故・むちうち症専門治療はそんな治療を目指しています。

 

不幸な交通事故に遭ってしまった時、

 

そして、けがやむち打ち症で人身事故扱いとなった時に、

 

警察は交通事故の書類等の作成を行ないます。

 

調書や書類等がまとまると、

 

人身事故の事件という扱いになります。

 

交通事故書類は管轄である地方検察庁に送られます。

 

交通事故も立派な事件です。

 

交通事故という事件の被害者は心体を傷つけられたら

 

当然の権利としてしっかりその部位を元通りに治さないといけません。

 

交通事故は治療に専念できる体制を整えています。

 

万が一の交通事故のために自賠責保険や加害者が加入している任意保険があります。

 

検察庁側は警察から送られた交通事故の関する調書や書類を検討します。

 

検討した結果や必要がある場合では加害者を読んで取り調べることもあります。

 

検察庁は交通事故による加害者の処分を決めていきます。

 

交通事故の被害者側が検察庁に呼ばれることはめったにない事の様です。

 

検察から電話がかかってきて、話を聞かれることはあるようです。

 

山梨県のいのうえ整骨院の自賠責保険を使った交通事故・むちうち症専門治療は

 

病院や整形外科にかかりながらいのうえ整骨院を併用して治療を行なう人も

 

とても大勢います。そのような病院や整形外科といのうえ整骨院併用による

 

後遺障害を残さず、早期回復を目指していきたい方は遠慮なくご相談ください。

 

損保会社担当者の了解を得れば、そのような病院や整形外科との併用治療は

 

交通事故・むちうち症の自賠責での治療は可能となっています。

 

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

完全予約制 お一人お一人をしっかり診させていただくので、ご来院前に必ずお電話ください 山梨甲府市交通事故治療.com

住所
〒400-0856 山梨県甲府市伊勢2-12-17

受付時間 月火水金午前8:50~11:00 午後13:40~19:30 土祝7:40~12:00

外観

0552279131 スマートフォンの方はタップで電話がかけられます

予約メールフォーム 交通事故被害者・加害者相談窓口

交通事故治療以外のお悩みはこちら!いのうえ整骨院公式サイト

トップへ戻る