交通事故後のむち打ちや怪我の治療・リハビリに自信があります!骨盤の歪みを解消する仙骨バランス療法で根本治療!

自賠責保険の減額について。自賠責を使った交通事故の治療

2020年02月4日

みなさん、こんにちは!

 

いのうえ整骨院では一風変わったと思えるような治療も

 

交通事故治療・むちうち症治療に必要なので行っています。

 

交通事故の衝撃は非常に強いものがあり、その衝撃により

 

背骨の脊髄硬膜にゆがみが生じることはよくあることです。

 

その、脳脊髄硬膜のゆがみを調整する治療器による治療が

 

“フィールドフローレメシス”による治療となります。

 

治療部位を手のつぼの流れ、

 

足の腎経湧泉というツボ、頭のリンパ節、首の硬膜

 

をねらって治療するのでこのような形となります。

 

交通事故被害で自賠責保険が適用される場合にも、

 

その交通事故において被害者側に重大な過失があったケースでは、

 

損害額から保証などが減額されることがあります。

 

その減額は交通事故の被害者の過失割合によって変わってきます。

 

損害額が自賠責保険支払限度額以上となった場合は、

 

支払限度額の中から減額されます。

 

交通事故の被害者側の過失割合が7割未満の場合は、

 

後遺症害になった場合、死亡してしまったケース、

 

障害に係わるものでも減額はありません。

 

交通事故被害の被害者側の過失割合が

 

7割以上8割未満であった場合においては、

 

後遺症害になってしまった時、

 

死亡してしまった時に2割の減額となり、

 

障害に係わるものでも2割減額になります。

 

交通事故の被害者側の過失割合が8割以上9割未満の場合になると、

 

後遺症害が残ってしまった時、

 

死亡してしまった場合には3割の減額となり、

 

障害に係わるもので2割減額となってしまいます。

 

交通事故の被害者の過失割合が9割以上10割未満の場合では、

 

後遺症害残った時・死亡してしまったもので5割の減額となります。

 

障害に係わるものではやはり2割減額になってしまいます。

 

任意保険においてはこの取り扱いの適用となりません。

 

交通事故被害者の過失がある場合、

 

過失割合に相当した損害額の差引となります。

 

このように交通事故にも色々なケースがありますが

 

通常の交通事故被害においては

 

例えば・・・車対車の追突であっても、車とバイクの接触、自転車対車の交差点内、

 

歩行中の交通事故被害など

 

本当に様々なケースでの交通事故がありますが

 

交通事故被害のケガやむちうち症であれば自賠責保険を使っての

 

治療が通常の場合では適用となります。

 

交通事故被害にむちうち症になり頸部捻挫など

 

また、交通事故での損傷はむちうち症だけでなく、

 

その衝撃が大きいために

 

股関節や肩関節捻挫などの大きな関節を負傷した場合でも、

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院では

 

自賠責保険を適用しての交通事故治療を行えます。

 

交通事故の治療はその衝撃やショックは計り知れないものがあり、

 

長期に痛みやしびれ原因のわからない不調に悩むことは多く、

 

最近ではそのような交通事故被害において加害者が

 

任意保険に加入していないケースも多発し、

 

ご自分で自賠責請求しないといけない場合も多くなってきました。

 

4台に1台は任意保険未加入車両ともいわれる状況で、

 

様々なトラブルも想定されます。

 

最近問題となっている高齢者の交通事故など

 

減少傾向の交通事故被害とは言え

 

決してなくならないのも交通事故が車や車両が

 

あるという事実では0にはなりません。

 

いのうえ整骨院では交通事故自体はめったに遭遇することではありませんが

 

そんな交通事故被害のケガやむちうち症において、

 

いのうえ整骨院で行っている心体を診ながら

 

痛み・不調の部位を回復しやすい状態にしていく

 

『仙骨バランス療法』や『頭蓋ストレス解消法』は

 

いのうえ整骨院が始まった平成4年からの治療での考えや

 

私の30年以上にわたり臨床経験により、

 

積み重ねて作り上げた患者様をできる限り

 

早期に回復させるための

 

いのうえ整骨院オリジナル治療システムです。

 

その『仙骨バランス療法』『頭蓋ストレス解消法』考えを

 

自賠責保険での交通事故治療・むちうち症治療に当てはめて

 

その人ひとりひとりに合わせた後遺障害を残さない

 

早期改善のための治療を心がけています。

 

 

1自律神経・2神経伝達・3筋・4内臓経絡・5エネルギー・6筋力

 

7身体(骨盤・骨格・関節)のバランス調整を行い、

 

身体全体を回復しやすい状態にしながら

 

治療を行っていくのが当院オリジナル治療の『仙骨バランス療法』となります。

 

むちうち症の1つの型である頚椎捻挫バレーリュー型という捻挫がありますが

 

このバレーリュー型の頸部捻挫では首痛や肩こりをはじめとして

 

片頭痛、ふらつき、起床時の倦怠感、

 

目の奥の痛み・原因不明の不調など様々な症状が不定愁訴として生じ、

 

まさに自律神経失調症様の症状が発症することも考えられます。

 

こんな場合には局所の治療だけでんなく、

 

いのうえ整骨院で行っている

 

『仙骨バランス療法』の中の全身自然治癒力向上の

 

1つ自律神経調整が必要となります。

 

自律神経バランス調整はいのうえ整骨院に設置している

 

自律神経測定器“ナノパルス”を用いて

 

交感神経・副交感神経等の働きや内分泌の状態、

 

内臓の冷えなどを診ながら調整していきます。

 

ナノパルスによる測定では交通事故被害による

 

冷えの改善の1つとして当院では

 

12薬石メディストーンベッドを

 

交通事故治療・むちうち症治療に使用していますが

 

遠赤外線をベッド全体に入るようになっているので全身の血流やリンパ液を

 

流しやすくします。

 

マイナスイオンも通常の何十倍と放出されているので

 

高いリラックス効果も期待でき、

 

薬石による身体の錆びつきを解消します。

 

このように交通事故・むちうち症患者様が早期に回復するような

 

交通事故治療・むちうち症治療を行っています。

 

いのうえ整骨院では自賠責保険自体の本来の目的であると思われる

 

交通事故被害者のケガやむちうち症の早期回復を促すという観点から

 

自賠責では病院や整形外科に通院しているという人でも

 

併用した治療ができると考えています。

 

また、他の接骨院・整骨院等からの転院も受けつけています。

 

自賠責保険使えないと知らずに整体とかカイロなど

 

無資格のところに知らずに行ってしまった人も

 

受け入れ体制を整えていますのでお気軽にお問い合わせください。

 

“フィールドフローレメシス”による治療を

 

身体に設置するとこのような形となります。

 

例えば「マッサージベッド」などの慰安性の高いものは

 

ベッドに寝て頂き、「スイッチ・ポン」でできますが

 

(当院にはそのような慰安目的のような

 

機器はおいてありません!昔はおいてありましたが)

 

“フィールドフローレメシス”の身体への設置は手間がかかります。

 

しかし!この治療が必要である!

 

そのように考えるのでいのうえ整骨院では手間を惜しまずに

 

このような治療を行っています。

 

交通事故被害による自賠責保険の損害調査の流れとしては

 

まず、加害者や被害者などの請求者は

 

損害保険会社などに自賠責保険に必要な

 

請求書類一式の提出を行います。

 

提出された請求書類など一式に損害保険会社などは

 

その請求書類に不備や漏れがないか確認して、

 

自賠責保険損害調査事務所に請求書類を提出します。

 

その送られてきた請求書類を元にして

 

自賠責損害調査事務所は、交通事故の発生状況や

 

その交通事故が自賠責保険の対象になるのか?

 

書類に書かれている傷害部位や内容とその交通事故の因果関係は?等

 

支払いの対象となるのか、

 

交通事故により発生した損害の額等を公正・中立な調査を行います。

 

提出された請求書類の内容だけでは、

 

交通事故に関する事実確認ができにくいものは、

 

交通事故の当事者に対して交通事故状況の照会をしたり、

 

診断書等を作成した病院への照会を行う、

 

事故現場の再度の調査等、

 

交通事故の事実確認に必要な調査を行います。

 

その調査や調べにたいして、

 

自賠責損害調査事務所は損害保険会社などに調査結果を報告します。

 

損害保険会社などは自賠責保険の支払額を決定して、

 

請求者に対してその支払を行います。

 

このような順序が簡単な自賠責保険の損害調査の流れになります。

 

このような流れが交通事故によるケガやむちうち症において自賠責保険を使う

 

治療の流れとなりますが結局、自賠責保険は

 

交通事故によりケガやむちうち症になってしまった人の治療をする目的であるので

 

自賠責保険は病院のためでも整形外科のためでももちろん整骨院・接骨院の

 

ためにあるものではありません。当然のことですが損保会社がその主導権を

 

握るものでもありません。

 

いのうえ整骨院では自賠責保険自体の本来の目的であると思われる

 

交通事故被害者のケガやむちうち症の早期回復を促すという観点から

 

交通事故被害者の患者様が希望すれば、

 

自賠責では病院や整形外科に通院しているという人でも

 

併用した治療が当然と考えています。

 

1自律神経・2神経伝達・3筋・4内臓経絡・5エネルギー・6筋力

 

7身体(骨盤・骨格・関節)のバランス調整を行い、身体全体を回復しやすい状態にしながら

 

治療を行っていくのがいのうえ整骨院オリジナル治療の

 

『仙骨バランス療法』となります。

 

そのなかの2神経伝達調整は交通事故では交通事故被害による

 

計り知れない衝撃により、脳脊髄硬膜へのダメージが硬膜のひずみとなったものを

 

バランス調整していきます。

 

硬膜のひずみは後々になって不調が生じることもあるので

 

後遺障害の予防としてはとても大切なバランス調整となります。

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院では硬膜の調整を

 

『頭蓋ストレス解消法』という手技とフィールドフローレメシスという

 

治療器による交通事故治療・むちうち症治療の中での

 

硬膜のゆがみ調整をおこなっています。

お問い合わせ・ご予約はこちら

完全予約制 お一人お一人をしっかり診させていただくので、ご来院前に必ずお電話ください 山梨甲府市交通事故治療.com

住所
〒400-0856 山梨県甲府市伊勢2-12-17

受付時間 月火水金午前8:50~11:00 午後13:40~19:30 土祝7:40~12:00

外観

0552279131 スマートフォンの方はタップで電話がかけられます

予約メールフォーム 交通事故被害者・加害者相談窓口

交通事故治療以外のお悩みはこちら!いのうえ整骨院公式サイト

トップへ戻る