交通事故後のむち打ちや怪我の治療・リハビリに自信があります!骨盤の歪みを解消する仙骨バランス療法で根本治療!

自賠責を使った交通事故治療

2019年10月4日

皆さんこんにちは‼

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院の、

 

交通事故被害によるけが・むちうち症ブログでは

 

皆さんに役立っていただける万が一の交通事故システム

 

お送りしています。例えば・・・・

 

交通事故被害の治療が人身事故扱い示談前であれば、

 

自賠責保険をつかった自己負担¥0の治療が行えます。

 

皆さんご存知かもわかりませんが結構知らない人も多い事は事実です。

 

いのうえ整骨院の『仙骨バランス療法』では

 

交通事故交通事故被害によるケガやむち打ち症を

 

早期回復、後遺障害を残さない治療を心がけています。

 

交通事故・むち打ち専門治療に限らず、当院のもう1つのメインである自費治療での

 

いのうえ整骨院の『仙骨バランス療法』では局所の痛みや不調の治療と

 

自律神経・神経伝達・筋力エネルギー・内臓経絡・筋・身体のバランスを整えながら、

 

自然治癒力を最大限に引き出しながら治療を進めていきます。

 

根本的な回復を目指して治療を目指していくには、り局所だけに目を向けての、

 

治療は対症療法になりかねません。交通事故のけがやむち打ちの発症経緯を

 

考えるとそれはなおさらです。

 

それらを考えると交通事故や慢性の疼痛・不調に対しては

 

心体全体から診たアプローチが必須と思いますが、皆さまはどう考えますか?

 

例えば、ロキソニンをはじめとした痛みどめ・・・・・

 

これは発痛物質であるプロスタグランジンの産生を

 

抑え込むことで痛みを感じさせない。

 

という鎮痛薬のメカニズムはほぼ同じです

 

プロスタグランジンという発痛物質の代謝を抑えるだけで完全な対症療法となります。

 

また、その痛みや不調部位を所謂「もみほぐし」とかいってもんだりすることも

 

その痛み部位の筋肉を一時的に興奮させたり、

 

逆に鎮静させたりの一時的なものとなります。

 

この揉むという行為はより深い刺激を求め深みにどっぷりはまり込む

 

リスクもあります。

 

また、筋肉は毛細血管の固まりなのでこの「もちほぐす」という行為で

 

筋肉は傷つき内出血を起こし、新たなコリを作ったり、

 

コリの範囲を広げてしまうリスクがあります。

 

“氣をもむ”という言葉があります。基本的には良い意味では使われません。

 

これを“氣”を英語ではエネルギー、日本的には生命力と訳すとわかりやすいでしょうか?

 

“もむ”を揉むとすると、“エネルギー(生命力)を揉む”

 

つまり、もむことにより氣・エネルギー・生命力を削ってしまうことをなります

 

このように発展させると“もむ”・・・・あまり心体によさそうな気がしません。

 

筋肉をもむ、身体をもむに置き換えると

 

筋肉・身体を削っていくことにも言い換えられます。

 

これは交通事故被害のけがやむちうち症のの場合に限らず、

 

慢性の痛みやコリ・不調にも言えることです。

 

山梨県甲府市いのうえ整骨院では交通事故被害による

 

けがやむちうち症の治療で

 

せっかく整形外科や病院と整骨院・接骨院の併用治療を行っても

 

「電気をかけて、もんでもらう」ような慰安的な治療では

 

せっかくの併用治療意味がないと考えます。

お問い合わせ・ご予約はこちら

完全予約制 お一人お一人をしっかり診させていただくので、ご来院前に必ずお電話ください 山梨甲府市交通事故治療.com

住所
〒400-0856 山梨県甲府市伊勢2-12-17

受付時間 月火水金午前8:50~11:00 午後13:40~19:30 土祝7:40~12:00

外観

0552279131 スマートフォンの方はタップで電話がかけられます

予約メールフォーム 交通事故被害者・加害者相談窓口

交通事故治療以外のお悩みはこちら!いのうえ整骨院公式サイト

トップへ戻る