交通事故後のむち打ちや怪我の治療・リハビリに自信があります!骨盤の歪みを解消する仙骨バランス療法で根本治療!

ひき逃げ等の交通事故治療は?

2020年01月27日

みなさん、こんにちは!

山梨県甲府市のいのうえ整骨院で行っている

 

交通事故被害による脊髄硬膜調整を行う“フィールドフローレメシス”は

 

「光」と「電子の流れ」によって

 

中枢と抹消の神経伝達とエネルギーの流れの調整を

 

しますが、ビームは写真のように手のひらに当ててもらいます。

 

手は親指側から肺・大腸・心包・三焦・

 

心臓・小腸のつぼの流れが集まっている

 

のでその場所にビームを当てて経絡調整を行います。

 

運悪く交通事故被害に遭って、しかもそれがさらに最悪なことに、

 

その交通事故被害がひき逃げ事故、

 

自賠責も入っていない無保険車が加害者の場合、

 

盗難車両が加害者での交通事故被害で負傷したり、

 

死亡した場合というケースもあります。

 

このような場合は自賠責での救済はできないこととなっています。

 

このような交通事故非課税においては

 

その交通事故被害者は加害者がすべて支払ってくれる場合は

 

もちろんその賠償額を支払ってもらいます。

 

実際はひき逃げは怖くなって逃げたとかのケースが考えられますが、

 

車検もうけない自賠責未加入の方に

 

賠償能力があるかは微妙だと思います。

 

車を盗難して乗るような人は論外ですが

 

このようなケースで、加害者側から交通事故被害においての

 

賠償を受けられない場合においては、

 

交通事故被害者は政府が設置して行っている保障事業に請求することができます。

 

この政府の行っている保障事業とは、国土交通省が交通事故の加害者に変わって

 

交通事故被害者が受けた損害をてん補する制度です。

 

支払限度額は自賠責保険と同等ですが、異なる点が数点あります。

 

まず、保障事業に請求できるのは交通事故の被害者側だけとなります。

 

交通事故加害者からの請求はできません!

 

これはある面、当然のことだと思います。

 

交通事故被害者に支払った治療費や保証などの金額は、

 

政府がかかった金額を加害者に求償します。

 

その時に健康保険・労災保険等の使用があり、

 

健康保険・労災保険等給付がある場合は、

 

その給付金額を差し引いた金額になります。

 

国土交通省の政府保障事業への請求は損害保険会社等でおこなえます。

 

交通事故の治療はその衝撃が非常に強度なこともあり、

 

長期に痛みやしびれが生じることは多く、

 

最近ではそのような交通事故被害において加害者が

 

任意保険に加入していなかったり、

 

様々なトラブルも想定されます。

 

交通事故自体はめったに起きることではありませんが

 

万が一の交通事故被害のための豆知識をいのうえ整骨院ブログ内で作っています。

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院で行っている治療体系である

 

心体を診ながら痛み・不調の治療をする

 

『仙骨バランス療法』の考えを自賠責保険での交通事故治療・むちうち症治療に取り入れて

 

後遺障害を残さない早期改善のための治療を心がけています。

 

当院オリジナル治療の『仙骨バランス療法』の考えは

 

1自律神経・2神経伝達・3筋・4内臓経絡・5エネルギー・6筋力

 

7身体(骨盤・骨格・関節)のバランス調整を行い、

 

身体全体を改善しやすい状態にしながら

 

治療を行っていくものとなります。

 

むちうち症の1つの型である頚椎捻挫バレーリュー型という捻挫がありますが

 

このバレーリュー型の頸部捻挫では首痛や肩こりをはじめとして

 

片頭痛、ふらつき、起床時の倦怠感、

 

目の奥の痛み・原因不明の不調など様々な症状が不定愁訴として生じ、

 

まさに自律神経失調症様の症状が発症することも考えられます。

 

こんな場合には局所の治療だけでんなく、

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院で行っている

 

『仙骨バランス療法』の中の全身自然治癒力向上の1つ

 

自律神経調整が必要となります。

 

自律神経バランス調整はいのうえ整骨院に設置している

 

自律神経測定器“ナノパルス”を用いて

 

交感神経・副交感神経等の働きや

 

ホルモンバランスを診ながら調整していきます。

 

この測定値において交通事故のショックで

 

交感神経過緊張を起こしている場合は

 

冷えを生じることもあるのでマイルドホットウェーブという機器を使い。

 

修復たんぱく質を身体に増やしていくという方法もあります。

 

という方法もあります。血流やリンパの流れの改善も見られます。

 

このように交通事故治療・むちうち症治療においてもその人の心・体状態に

 

合わせた独自の治療を行っています。

 

人間はみな違います。もちろん症状も1人1人違います。

 

いのうえ整骨院の自賠責治療は自賠責保険自体の目的であると考える

 

交通事故被害のケガを1日も早く回復させるために

 

治療に専念することが目的なので

 

すでに病院や整形外科に通っている人でも併用した治療ができます。

 

また、他の接骨院・整骨院等からの転院も受けつけています。

 

自賠責保険使えないと知らずに整体とかカイロなど

 

無資格のところに知らずに行ってしまった人も

 

受け入れ体制を整えていますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院では

 

交通事故被害によるけがやむちうち症の治療に対して後遺障害を残さずに

 

早期回復させるために、“フィールドフローレメシス”による脊髄硬膜の調整を

 

行っていますが、人間の身体の深部に刺激を届けるためには

 

光刺激が一番深部に到達するといわれています。

 

“フィールドフローレメシス”による治療では

 

その「光」刺激を手のひらと首に当て、

 

「電子の流れの刺激」を頭の耳下腺と足の裏の湧泉というツボに当てます。

 

交通事故被害に遭って捻挫や打撲・肉離れなどのケガや

 

むちうち症で頸部捻挫、首痛・肩痛・腰痛・背部痛などになってしまい

 

その交通事故被害の治療を一生懸命したとしても、

 

自賠責保険で治療をする時に注意しないといけないのは

 

自賠責保険の請求期限が過ぎてしまうと、

 

時効となってしまう場合があります。

 

そうなると当然、自賠責保険が支払われないことがあります。

 

通常の場合では、加害者側で加入している任意保険の損保担当者が

 

すべて行ってくれるのでそのようなことはまずないと思いますが、

 

被害者請求の場合と加害者請求のケースでは、

 

時効の起算日が違うので十分な注意が必要です。

 

まず、古い制度の改正の場合なので現在ではほぼ問題のない場合がほとんどですが

 

事故日が平成22年3月31日以前と平成22年4月1日以降では起算が違います。

 

あくまでもこんな例がありましたということで事故日が

 

平成22年3月31日以前の場合は、

 

交通事故被害の被害者請求の場合は傷害の場合、

 

事故が起こってから、死亡の場合は死亡日から、

 

後遺症害の場合、後遺症害の症状が固定してから2年以内と期間になっています。

 

加害者請求の場合は被害者や病院等に損害賠償金を支払ってから2年以内となり、

 

期間の計算が違ってきます。

 

ここからは現在の掲載ですが事故日が平成22年4月1日以降の場合では

 

交通事故被害者請求では、事故が起こってから、死亡の場合は死亡日から、

 

後遺症害の場合、後遺症害の症状が固定になり、3年以内となります。

 

交通事故の加害者請求では、

 

被害者や病院等に損害賠償金を支払って3年以内となります。

 

1日の違いで2年が3年に延長されたということになりますが

 

症状が重度で治療が長引いてしまったり、

 

加害者・被害者の話し合いがつかない時など

 

先ほど言った期限内に請求できない場合、時効中断の手続きが必要になります。

 

このようなケースでは尊母会社等に連絡が必要となりますが

 

通常は損保会社の担当者がおこなっくれるものだと思います。

 

いのうえ整骨院では車対車、車とバイク、自転車対車

 

歩行中の交通事故被害など様々なケースでの

 

交通事故被害によって太ももやふくらはぎの肉離れなどのケガや

 

むちうち症になり肩部挫傷などの負傷をした場合の

 

いのうえ整骨院で行っている自賠責保険を使っての交通事故治療法や

 

自賠責保険を使った交通事故の治療に交通事故被害者に

 

保証されることなどの仕組みについて

 

ホームページ内ブログにおいて発信しています

 

交通事故の治療はその衝撃が非常に強度なこともあり、

 

長期に痛みやしびれが生じることは多く、

 

最近ではそのような交通事故被害において

 

加害者が任意保険に加入していないケースも多発し、

 

ご自分で自賠責請求しないといけない場合も多くなってきました。

 

そのような様々なトラブルも想定されます。いのうえ整骨院では

 

交通事故自体はめったに起きることではありませんが

 

万が一のために交通事故被害者救済豆知識を当院ブログ内で作っています。

 

いのうえ整骨院で行っている心体を診ながら痛み・不調の治療をする

 

『仙骨バランス療法』は当院の平成4年からの治療での考えや

 

私の30年以上にわたり臨床積み重ねて

 

作り上げた当院オリジナル治療システムです。

 

その『仙骨バランス療法』考えを自賠責保険での

 

交通事故治療・むちうち症治療に取り入れて

 

後遺障害を残さない早期改善のための治療を心がけています。

 

 

むちうち症は片頭痛、ふらつき、起床時の倦怠感、

 

目の奥の痛み・原因不明の不調など様々な症状が不定愁訴として生じ、

 

まさに自律神経失調症様の症状が発症することも考えられます。

 

こんな場合には局所の治療だけでんなく、

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院で行っている

 

『仙骨バランス療法』の中の全身自然治癒力向上の

 

1つ自律神経調整が必要となります。

 

自律神経バランス調整はいのうえ整骨院に設置している

 

自律神経測定器“ナノパルス”を用いて

 

交感神経・副交感神経等の働きや

 

内臓の冷えなどを診ながら調整していきます。

 

この測定値において交通事故のショックで

 

交感神経過緊張を起こしている場合は

 

深部(内臓)冷えや全身の過緊張状態により

 

強い冷えを生じることもあるので

 

いのうえ整骨院では

 

12薬石メディストーンベッドという機器を使い、

 

体の錆びつき防止・リラックス効果そして、

 

遠赤外線でも身体深部まで温める波長の

 

成長育成光線によって身体深部を温めていきます。

 

血流やリンパの流れの改善も見られます。

 

このように交通事故治療・むちうち症治療においても

 

その人の心・体状態に

 

合わせた独自の治療を行っています。

 

人間はみな違います。もちろん症状も1人1人違います。

 

いのうえ整骨院の自賠責治療は自賠責保険自体の目的であると思われる

 

本来の目的である交通事故被害者のケガや

 

むちうち症を1日も早く回復させるために

 

治療に専念することが目的なので

 

すでに病院や整形外科に通院しているという人でも併用した治療ができます。

 

また、他の接骨院・整骨院等からの転院も受けつけています。

お問い合わせ・ご予約はこちら

完全予約制 お一人お一人をしっかり診させていただくので、ご来院前に必ずお電話ください 山梨甲府市交通事故治療.com

住所
〒400-0856 山梨県甲府市伊勢2-12-17

受付時間 月火水金午前8:50~11:00 午後13:40~19:30 土祝7:40~12:00

外観

0552279131 スマートフォンの方はタップで電話がかけられます

予約メールフォーム 交通事故被害者・加害者相談窓口

交通事故治療以外のお悩みはこちら!いのうえ整骨院公式サイト

トップへ戻る