交通事故後のむち打ちや怪我の治療・リハビリに自信があります!骨盤の歪みを解消する仙骨バランス療法で根本治療!

いのうえ整骨院は本日定休日ですが・・・

2019年02月14日

みなさん、こんにちは!

 

本日2月14日

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院は

 

毎週木曜日は定休となっています。

 

明日以降のご予約もお気軽にお待ちしています。

 

交通事故被害に遭ってしまい、事故の状況によっては、

 

交通事故の被害者であっても警察の取り調べを受けないとならないケースもあります。

 

場合によっては、検察で取り調べが行われる場合もあります。

 

このようなケースでは被害者側に処罰が生じるか?というより、

 

「加害者を処罰するか否か?また、どのような処罰が適当か?」

 

というような資料を作る為に必要な事項を

 

被害者側からも効きだし確認ことが目的となります。

 

被害者側が今回の交通事故の責任をどのように負うかというようなことではありません。

 

被害者は、

 

もし取り調べがあってもストレスに感じないで取り調べに応じてください。

 

被害者にとっては警察署や検察に行ったり、被害を受けてまだ面倒なことに

 

時間を費やしたり、神経を使ったりでとてもやりきれないということは確かなことです。

 

交通事故によるむちうち症などで頸や身体が痛いなんて時はなおさらです。

 

「痛みが余計ひどくなってしまった。」

 

「ストレスで不調が長引いた。」

 

「せっかくよくなりかけてきたものが再び悪化してしまった。」

 

なんてことになりかねません。

 

被害者の方にとって、警察や検察の取り調べが

 

資料や材料となって、被害者側の損害賠償額に深く関係してきます。大切です。

 

交通事故被害に遭って、むちうち症やケガを負ってしまった時は、

 

交通事故被害者はまず病院に行って、必要な検査をしていただき、

 

検査の結果出された診断書を警察署に提出しないとなりません。

 

その手順を行なわないと人身事故扱いとなりません。

 

人身事故扱いにならないと自賠責を使った交通事故・むちうち症の治療が

 

後々、後遺障害などの申請を行うなどになってしまった時に不利になります。

 

交通事故を扱った担当の警察官は加害者に対して、取り調べを行ないます。

 

取り調べによって調書の書類を作成します。

 

被害者側にも話を聞いて調書を作成します。食い違いがあってはいけないからです。

 

被害者から話を聞いたものは被害者供述調書といいます。

 

交通事故になってしまった時の対応として大切なのでもう一度確認しますが

 

先ほども書いた通り、交通事故に遭ってケガやむちうち症を負ってしまった場合、

 

まずは被害者は病院を受診して、レントゲンなり、MRIなどの

 

必要と考えられる検査をしてもらい、治療をしてもらいます。

 

その最初の検査や問診等で診断書が作成されます。

 

その診断書をもって、なるべく早く警察署に届けます。

 

警察はその事故をどの様に調べるか?ある程度の判断基準となるようです。

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院では最初に診てもらった病院や整形外科と併用した、

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院の自賠責保険を使った交通事故・むちうち症治療

 

を受けていただくことが可能です。

 

損保会社の自賠責担当者にそのことを伝え、了解を得ていただくことで

 

何の問題なく、いのうえ整骨院の自賠責保険を使った交通事故・むちうち症治療が行えます。

 

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

完全予約制 お一人お一人をしっかり診させていただくので、ご来院前に必ずお電話ください 山梨甲府市交通事故治療.com

住所
〒400-0856 山梨県甲府市伊勢2-12-17

受付時間 月火水金午前8:50~11:00 午後13:40~19:30 土祝7:40~12:00

外観

0552279131 スマートフォンの方はタップで電話がかけられます

予約メールフォーム 交通事故被害者・加害者相談窓口

交通事故治療以外のお悩みはこちら!いのうえ整骨院公式サイト

トップへ戻る