交通事故後のむち打ちや怪我の治療・リハビリに自信があります!骨盤の歪みを解消する仙骨バランス療法で根本治療!

頚椎ねんざのスーパーライザー施術について

2019年03月12日

みなさん、こんにちは!

 

交通事故の「頚椎捻挫」「外傷性頚部症候群」「頸部挫傷」等のむちうち症の中で

 

頸椎捻挫バレーリュー型では全身的な回復として、自律神経の調性をした場合の方が

 

回復がよい場合が多いと思われます。

 

交通事故のむちうち症治療では通常のケースでは自賠責保険を使いますが

 

いのうえ整骨院では「ナノパルス」によって自律神経症状があると

 

スーパーライザーによる「星状神経節照射」という方法で自律神経の調整を行います。

 

スーパーライザーはレーザー光線波長域を含む近赤外線の光線を

 

体の奥に届かせることのできる光線治療器です。

 

そのスーパーライザーの光線を「星状神経節」という

 

首の第6・7頚椎の横突起に照射することにより、自律神経の調性ができます。

 

星状神経節には交感神経という自律神経の活動神経が多く集まっているといわれます。

 

交感神経はアドレナリンにより身体の活動促しますが

 

「逃走ホルモン」「闘争ホルモン」とも言われ、アドレナリンが過剰に放出されたり、

 

交感神経の比率が高くなってしまうと「強いストレス状態」となってしまいます。

 

交感神経と休息神経(リラックス神経)副交感神経の比率はどちらかが

 

6:4もしくは5:5くらいがちょうどよいといわれています。

 

交通事故ではそのショックや痛み

 

そして、加害者や損保会社の対応等により、

 

自律神経のバランスを崩してしまう人も多くいます。

 

しかし、そのような「嫌な思い」をしたからと言ってすべての人が

 

交感神経優位の状態となるとは限りません。

 

中にはそのような嫌な思いをしたときに「逃走ホルモン・闘争ホルモン」である

 

アドレナリンが受容体とならずにアセチルコリンにより

 

副交感神経の過緊張が生じてしまうことも考えられます。

 

そのような状態では「うつ傾向」となってしまうので

 

いくら副交感神経は休息神経でリラックスできるからと言っても

 

余りのその比率が副交感神経優位に働きすぎて、体の状態は「不調」になってしまいます。

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

完全予約制 お一人お一人をしっかり診させていただくので、ご来院前に必ずお電話ください 山梨甲府市交通事故治療.com

住所
〒400-0856 山梨県甲府市伊勢2-12-17

受付時間 月火水金午前8:50~11:00 午後13:40~19:30 土祝7:40~12:00

外観

0552279131 スマートフォンの方はタップで電話がかけられます

予約メールフォーム 交通事故被害者・加害者相談窓口

交通事故治療以外のお悩みはこちら!いのうえ整骨院公式サイト

トップへ戻る