交通事故後のむち打ちや怪我の治療・リハビリに自信があります!骨盤の歪みを解消する仙骨バランス療法で根本治療!

自律神経症状を伴ったむち打ち症

2019年06月3日

 

みなさん、こんにちは!

 

交通事故のむちうち症で治りにくい症状の1つとして

 

頸椎捻挫バレーリュー型というものがあります。

 

頸椎捻挫バレーリュー型では頚椎の痛みと頭痛や吐き気、めまいや耳鳴り、

 

不眠や易疲労感その他不定愁訴などが起こってしまうことが多い

 

回復にどうしても時間がかかってしまう頚椎捻挫と言えます。

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院では交通事故に遭ってしまい

 

自賠責保険を使って治療に訪れるむちうち症患者様に

 

いのうえ整骨院に設置している自律神経測定器であるナノパルスでの

 

ストレス・自律神経測定をお勧めしながら施術を進めていきます。

 

頸椎捻挫バレーリュー型と言ってもむちうち症での頚椎捻挫が

 

頭痛や吐き気、めまいや耳鳴り、不眠や易疲労感その他不定愁訴などが起こってしまう

 

症状にたいしてバレーリュー型と呼ぶのでレントゲン等で通常と違う状態が

 

画像検査上描写されるわけではありません。

 

そのようなことを考えるといのうえ整骨院で当院開業1992年以来、交通事故患者さまを

 

診てきた経験の中から自律神経の状態を把握しながら施術を進めていくことは

 

とても大切なことと考えています。

 

ナノパルスで自律神経やストレス状態を測定すると

 

活動神経である交感神経の過緊張がみられる人、

 

逆に副交感神経(休息神経)の過緊張状態がみられるという人、

 

このような状況が交通事故で

 

むちうち症になってしまった人では多く診られる事実もあります。

 

もちろん、一過性の交通事故のショックにより

 

自律神経のバランスが崩れていることも考えられます。

 

頸椎捻挫バレーリュー型でなく、一過性の自律神経バランスを崩した状態であっても

 

一刻も早いバランス調整ができるのであれば

 

頭痛や吐き気、めまいや耳鳴り、不眠や易疲労感その他不定愁訴などが起こってしまう前に

 

自律神経のバランス調整を行なうことで予防できることは予防する。

 

交通事故のむちうち症での治療では「先を考えて」「後遺症にならない」「早期回復できる」

 

このような治療の進め方いのうえ整骨院では心がけています。

 

皆様の周りに交通事故のむちうち症で首や肩・背中・腰の痛みだけでなく、

 

頭痛や吐き気、めまいや耳鳴り、不眠や易疲労感その他不定愁訴などで

 

御困りの人はお気軽に御相談お待ちしいます。

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

完全予約制 お一人お一人をしっかり診させていただくので、ご来院前に必ずお電話ください 山梨甲府市交通事故治療.com

住所
〒400-0856 山梨県甲府市伊勢2-12-17

受付時間 月火水金午前8:50~11:00 午後13:40~19:30 土祝7:40~12:00

外観

0552279131 スマートフォンの方はタップで電話がかけられます

予約メールフォーム 交通事故被害者・加害者相談窓口

交通事故治療以外のお悩みはこちら!いのうえ整骨院公式サイト

トップへ戻る