交通事故後のむち打ちや怪我の治療・リハビリに自信があります!骨盤の歪みを解消する仙骨バランス療法で根本治療!

山梨県でむち打ち専門治療を行なういのうえ整骨院

2017年08月9日

みなさん、こんにちは!

 

inoue-seikotsuin_106

外傷性頚部症候群:むちうち症・Whiplash損傷を

 

外傷性頚部症候群:むちうち症・Whiplash損傷で頚椎捻挫となった場合、

 

ケベック分類以外も5つに分類することもできます。

 

臨床上の所見的に頸部捻挫を5つに分類して

 

1いわゆる頚椎捻挫

 

2神経根起因

 

3バレーリュー起因

 

4神経根バレーリュー混合

 

5脊髄症状

 

とします。

 

1.頸部捻挫では外傷性頸部症候群の中の頸部捻挫は

 

頸部・項部・肩甲骨部の筋肉群の圧痛を認める場合が多く、

 

頸椎可動域制限があって、頸部の運動痛も主訴の1つとなります。

 

頸椎捻挫だけの診断になると

 

神経症状である、手や腕のしびれ、上肢や手・指などへの

 

放散痛・重だるさ等は認めません。

 

認めるとしても一過性であったり、

 

頚椎と関係のない部分的な症状となります。

 

交通事故・むちうち症による捻挫では通常の日常生活で転倒した、

 

スポーツ等で捻るものより

 

経過に長期を要すものも多く、

 

早期に回復を図らないと症状が長引くものもあります。

 

このような神経症状も認められない頚椎捻挫では

 

通常診断書には全治10~14日程度が記されますが、

 

必ずしも軽症とは限らないので後遺症を残さないように

 

シッカリとした治療をすすめていくことが大切です。

 

2.神経根起因による外傷性頸部症候群:頸部捻挫では

 

交通事故被害の頸椎の捻挫症状に加えて、

 

末梢神経の分布領域に沿った上肢や腕・手・指などの神経痛症状、

 

その神経痛症状によって、知覚障害が生じることもあり・・

 

知覚過敏、知覚鈍麻両方とも起こり得ます。

 

また、上肢や腕・手・指などに沿った放散痛や

 

腱反射等の反射検査の異常、

 

筋力の低下などが発症するケースも考えられます。

 

このような症状が他覚的には認められなくても、

 

交通事故被害者である患者さん本人が、

 

上肢の痛みやしびれ、また、デルマトームなどの末梢神経の支配領域に

 

一致した神経症状があった場合は、

 

その神経根の治療を行わないと治療の長期化や

 

後遺症を残してしまう危険があります。

 

親指側のしびれは頸椎6・7番目の神経症状、

 

小指側は7・8頸椎神経等おおよその予想がデルマトームという

 

神経支配領域を診ていくことで予測ができます。

 

ちなみに頸椎(首の骨)は7個ありますが頸神経は8番まであります。

 

3.バレーリュー起因の外傷性頸部症候群は

 

頚椎捻挫バレーリュー型ともいわれ

 

首や肩・背中の痛み・不調を訴えながら、

 

頭痛やめまい・耳鳴り・眼精疲労・咽頭部の違和感や

 

倦怠感などの全身的な不調等の

 

自覚的苦痛や不定愁訴を訴えとします。

 

頸部後ろの交感神経への過剰刺激が原因となり

 

過緊張を起こすと推測されますが、

 

その原因としては基本的にまだ不明です。

 

頚椎捻挫バレーリュー型であるバレーリュー症候群が生じると

 

頸部の痛みだけではなく、慢性的に全身的な痛み・不調が起こり、

 

交通事故被害のケガやむちうち症による後遺症を

 

残してしまう原因の1つとなります。

 

いのうえ整骨院ではバレーリュー症候群的な症状を発症させないように、

 

自律神経測定器“ナノパルス”を使って自律神経状態を測定して、

 

スーパーライザーによる自律神経調整等、

 

自律神経バランス調整等予防を行いながら、

 

局所への治療を行なっています。

 

4.神経根・バレーリュー型から起因する外傷性頸部症候群は

 

頸部捻挫である捻挫や神経症状を呈しながら、

 

頭痛やめまい・耳鳴り・眼精疲労・咽頭部の違和感や

 

倦怠感などの全身症状等の

 

自覚的症状を起こすことがあります。

 

しびれなどの神経症状もバレーリュー症候群を合併してしまうと、

 

交感神経の過緊張などによって血管が収縮し、血流が悪くなり、

 

症状はの回復が滞り、悪化・長期化することもあります。

 

頸椎捻挫バレーリュー型から生じる、

 

バレーリュー症候群は症状が起きてから、

 

治すことは簡単ではなくなるために、

 

いのうえ整骨院の『仙骨バランス療法』

 

交通事故治療・むちうち症治療では、

 

バレーリュー症候群様症状を引き起こさないように、

 

自律神経のバランス調整等の予防を治療に取り入れながら、

 

神経根症状などの局所的なアプローチも行いながら後遺症を残さない

 

早期の回復を目指した交通事故治療、むちうち症治療に取り組んでいます。

 

  1. 外傷性頸部症候群で脊髄症状を生じてしまったものとして、

 

脊髄症状がみられるものを言いますが、外傷性頚部症候群:むちうち症では

 

骨には異常のない状態を言います。

 

脊髄症状を生じたものは頸髄損傷なので、頸椎捻挫・外傷性頸部症候群には

 

通常は含みません。

 

外傷性頸部症候群であるいわゆるむちうち症では、

 

その症状やむちうち症の重症度を分類することによって、

 

治療を行いやすくします。

 

特にむちうち症による症状は障害を受けた人により皆違ってくるので、

 

その人その人の状況を注意深く診て、

 

その人の苦痛となったり、不調となる主訴や状況を

 

よく問診しながら治療を行っていくことはことは、

 

交通事故治療・むちうち症治療に限らずとても大切なことになります。

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院

 

『仙骨バランス療法』交通事故治療・むちうち症治療では、

 

交通事故被害に遭われた方の心体状況に合わせた治療を心がけています。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

いのうえ整骨院交通事故治療・むちうち症治療公式ホームページ←こちらから

腰痛.膝痛.頭痛.股関節痛.腱鞘炎.ストレートネックでお悩みの人は←こちらから

山梨県甲府市のいのうえ整骨院・整体院

山梨県甲府市伊勢2-12-17【完全予約制】 ☎055-227-9131

≪受付時間≫

月・火・水・金 午前8:50~11:00  午後 13:40~19:30

木・土    7:40~12:00

※ 木・土曜午後・日・祝祭日は 休診です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

お問い合わせ・ご予約はこちら

完全予約制 お一人お一人をしっかり診させていただくので、ご来院前に必ずお電話ください 山梨甲府市交通事故治療.com

住所
〒400-0856 山梨県甲府市伊勢2-12-17

受付時間 月火水金午前8:50~11:00 午後13:40~19:30 土祝7:40~12:00

外観

0552279131 スマートフォンの方はタップで電話がかけられます

予約メールフォーム 交通事故被害者・加害者相談窓口

交通事故治療以外のお悩みはこちら!いのうえ整骨院公式サイト

トップへ戻る